SDGs

Sustainable Development Goals

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

私たちは地域社会を築く一因として、SDGsの取り組みにも積極的に参加しています。
地域社会や地域資源が持続可能なものになるよう私たちはこれらの取り組みを継続していきます。

当社はSDGsにも積極的に取り組んでいます。地球環境の保全が人類と自然の共生に最も重要課題であることを認識し、あらゆる事業活動において環境に配慮。雄大な北海道の自然のもと、継続的な地球環境の保全に配慮して事業を進めています。

5 ジェンダー平等を実現しよう

トイレ&更衣室も男女別で性別に関わらず活躍できる職場

トイレや更衣室は男女わけて用意しています。また、2021年には「女性活躍推進室」を立ち上げ、労働・職場環境の改善を目指したミーティングを実施。よりよい環境整備にも積極的に取り組んでいます。
「北海道なでしこ応援企業」にも認定されています。

7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに

低炭素社会の形成、ソーラー発電の利用

低炭素社会実現のため、現場発生のゴミの減量、アイドリングストップ運動に加え、各事業所で補助電力としてソーラー発電機を採用しています。

8 働きがいも経済成長も

働きがいをもって活躍できる企業へ

当社で以前から取り組んでいた「ダイバーシティ」が、平成31年3月15日から認定が始まった「北海道働き方改革推進企業認定」に認められました。また、個性に関わらず活躍できる職場環境を整備し、北海道より「障がい者就労支援企業」にも認定されています。

15 陸の豊かさも守ろう

環境維持・改善へ向けた貴重種調査

各現場単位で作業開始前に貴重種や、絶滅危惧種等の動植物の調査保全活動を実施しています。
また、清掃活動や濁水防止対策及び油脂類の流出防止にも努めております。

村上土建の取り組み