労働安全衛生

 当社では、労働安全衛生の取り組みとして、OHSAS18001の考えを業務の中に取り入れています。

労働安全衛生方針
「私たちは安全で、働きやすく、健康的で、明るい職場が良い会社の基本であると考え、
受注から引き渡し、アフターサービスまでの一貫したビジネス活動を常に見直すことにより安全で快適な職場環境を作り上げています。

1. 快適職場の実現
    安全で、働き易く、健康的で、明るい職場を維持する

2. リスクアセスメントの活用
    事業開始前にリスクアセスメントを行い、労働災害の防止に努める。

3. 安全活動の徹底
    日々の安全活動を行うことで、労働災害・健康障害を未然に防ぐ。
行動指針
労働災害を防止するため、労働安全衛生法、その他の関係法令及び弊社の安全衛生規則を遵守し、必要に応じて規則の随時更新を図ります。 
全社員及び協力会社に安全方針の指導及び周知を徹底し、事故の未然防止を図ります。
快適な職場環境にするため、設備及び機器等の改善を図ります。
安全への取り組み

 

あんぜんフロジェクトへの参加

当社は、現場、事業所で働く人の安全を確保することは事業者の責務であり、企業において最優先に取り組んで行く事と考えています。安全への取組は働く人の安全と健康を守るだけでなく、生産性の向上が期待されるとともに、企業内の士気が上がり、そこで働く人同士の信頼感の向上につながることを期待しています。このような労働環境であれば、働く人も、働きがいを持って業務をこなし、個々の能力を向上させることもできます。また、ご家族も安心して働く人を会社に送り出せます。安全への取組は、いわば、企業の礎と考えています。このように、良い製品やサービスを提供する事と、そこで働く人の安全への取組は切り離せないものであり、消費者、発注者の皆様にとっても、両者はともに企業のマネジメントのレベルを判断する重要な指標であると考え取り組み、厚生労働省の「働く人の安全に一生懸命に取り組む企業をプロジェクトメンバーとして広く国民の皆様に紹介することで労働災害のない日本を目指す。厚生労働省-あんぜんプロジェクト」活動にも参加しています。

掲載内容は右の通りで
安全方針と安全への取組事例として
・快適職場の実現
 作業所に従事する女性関係者に配慮した設備の設置"
・リスクアセスメントの活用
 作業員装置警報感知システム採用
・安全活動の徹底
 建設労働災害防止協議会が定める指針に基づく安全衛生教育の実施
となっています。

あんぜんフロジェクトについては厚生労働省のHP(下のマークをクリック)をご覧下さい。

 

 


活動の様子

交通安全

当社では、工事に関わるスタッフ全員に自他の生命尊重の理念の下に、交通社会の一員としての責任を自覚し、交通安全意識と交通マナーの向上に努め、相手の立場を尊重する良き社会人たることを目指しています。これを実現するために安全運転に必要な知識及び技能を身に付けた上で安全運転を実践できるように交通安全管理を実施しています。