品質

目 的

当社は、社会資本の形成を通じ、そこに住む方々がより豊かな生活を享受する事に重要な役割を担っていると考えています。当社は快適で安全な職場環境の下でより良い社会資本、環境を地域の方に提供することが当社としての責務と考えています。 この事を実現するために、当社は、日々の事業活動についてISO9001のシステムを活用することで、そこに潜んでいる問題点・課題を、SWOT手法で改善、見直す事で、より効率良く高品質な施工物やサービスを顧客に提供しながら事業を進めています。

ISO900

当社は、土木構造物の施工 について、インターテック・サーティフィケーション株式会社 Intertek Certification Japan Ltd.
(旧ムーディー・インターナショナル・サーティフィケーション株式会社)よりUKAS ISO9001:2015の認証を得ています。

品質方針

当社は、品質確保のために次の方針を掲げます。

1. 顧客満足
    常にお客様の満足が得られる品質を提供する。

2. 品質向上
    品質確保のためシステム改善及び自己研鑽に努める。

3. 社会貢献
    企業活動を通し社会に貢献する。

管理活動

当社は、ISO9001のシステムを活用して日々行っている事業活動について監査を行い、そこに潜んでいる問題点を明らかにして、それを改善、見直す事で、より効率良く、高品質な施工物やサービスを顧客に提供しながら事業を進めます。

新しい技術への取り組み

新技術・新工法を積極的に取り入れることにより、技術力の強化、工事品質向上、コスト縮減や環境に配慮した施工を目指しています。

土木建設作業の高効率・高精度な施工を実現するために、情報通信技術(ICT)の活用に注目しています。
電子データを有効活用することで、従来の施工プロセスの中で必要であった起工測量、施工、検測、品質、出来形管理の省力化、合理化等の改善を目指しています。
社内研修会では、元となる3次元DATA作成を通してその仕組みを理解して施工に生かせる様にしています。

当社での施工事例が「コマツレンタル道東」のホームページに情報化施工『農業土木でICT建設機械が活躍する』活用事例として掲載されています。
下のロゴをクリックすると、掲載サイトが見られます。

次世代の技術者育成

(高校生インターンシップの受け入れ)

当社では、建設業の次世代を担う技術系高校生を対象に、現場を見るだけでなく、普段の授業では経験できない実際の工事現場体験を通じ土木工事への理解や知識を高めてもらう活動を行っています。