新型コロナウイルス感染拡大防止 における遵守事項

当社では社長が先頭となり新型コロナウイルス感染拡大防止に取り組んでいます。

新型コロナウイルス感染症の拡大が収束するどころか益々猛威をふるっており、北海道は全国に発せられた「緊急事態宣言」の「特定警戒都道府県」となっており、十勝では感染者が現状はゼロとはいえ、予断を許さない状況にあることには変わりありません。
症状が無くても感染している場合もあることから、「感染しない」ことに加えて、健康状態にある人でも「感染しているかもしれない」という意識を持って、「感染させない」行動をして下さい。
そこで、当面は、別紙のことを徹底して下さい。
現在発出されている緊急事態宣言の最終日である5月6日(水)までを当面の目途としますが、状況によっては延長することも十分考えられますので、あらかじめご了承下さい。

村上土建開発工業株式会社
代表取締役社長村上亙

新型コロナウイルス感染拡大防止徹底事項
【全員】
1. 十勝以外への不要不急の外出をしないこと。
2. 十勝以外から不要不急の人を受け入れない(接触しない)こと(管外からの営業含)

→上記1.2.をする(した)場合には、必ず会社に申し出ること。その際、予防措置(マスク未着用、3密状態で長時間接触、接客を伴う飲食店に長時間同席)を講じていない場合には2週間の出社禁止(現場含)とします。加えて、毎日朝晩2回(8:00と18:00)の体温測定を義務づけると共に、それを毎日報告することとします。
3. マスクを着用すること。

【現場】
1. 現場間の移動をしないこと(ひとつの現場で発症した場合、それ以上の感染を防ぐため)

注1:毎週月曜日の聞き取りは、メールもしくは電話で行います。
注2:社内検査や状況確認、職員の応援等、やむを得ず現場を訪れる場合、その者はマスク着用・消毒・ソーシャルディスタンスの確保等、予防措置を必ず実施して現場を訪れること。
2. 発注者および協力業者等との打合せは、可能な限りメールや電話で済ませること。
3. どうしても対面での打合せが必要な場合は、向かい合わせにならず、マスク着用の上、2m以上の間隔を開けて実施して行うこと。
4. 本社で打合せを行う場合は、現状のスペースは狭いので、密集を避ける意味で、個室を使用して下さい。その際も、ドアを開けて最少人数で距離を取り、密閉・密接・密集とならないようにすること。
5. 朝礼時や午後の打合せ等は、2m以上の間隔を開けて実施すること。
6. 現場事務所では机の間隔を2m以上(着座時の人と人の間隔)空けて配置すること
7. 現場事務所は、2時間に1回換気を行うこと
8. 新型コロナウイルス感染対策に係る費用は会社で負担します(マスク、体温計、消毒液はもとより、現場での手洗い場設置やその他対策グッズ含)。
9. 新規入場の際、2週間以内の十勝外への渡航歴および十勝以外の人との接触歴の有無を調べること。緊急事態宣言の都府県への渡航歴のある者は入場させないこと。

【本社】
1. 外から帰ってきた際には必ず「手洗い」「うがい」を行うこと
2. 来客者には必ず手を消毒をさせること(社員が見ている前で)

皆さんの行動が、自分はもとより、家族・友人・会社を守ることになります。
徹底のほど、よろしくお願いします。

2020年04月22日